ボージョレ・ヴィラージュヌーヴォー ルポンデュディアーブル/ヴィニフィエ・パー新井順子2019画像


ボージョレ・ヴィラージュヌーヴォー ルポンデュディアーブル/ヴィニフィエ・パー新井順子2019

商品説明

自然派ワインで大活躍の日本人女性 新井順子さんのヌーヴォーを今年から3種類取扱します

新井順子さんはロワール地方で「ボワルカ」という名前で活躍する日本人女性の醸造家です。

もう自然派ワインの中では超有名な生産者になります。

ボージョレ・ヌーヴォーを自ら志願して造った日本人女性

彼女はボージョレの生産者ジョベール氏に「ボージョレ・ヌーヴォーを仕込んでみたい」と相談したのは11年前の2009年。
それは軽い相談でもあったようですが、ジョベール氏はOK!と返答したのが始まりでした。

しかも、そのジョベール氏が使っていいよといった葡萄畑はル・ポント・ドゥ・ディアーブル(小悪魔の橋)という、なんと樹齢60年以上の単一畑。最高級ともいえる畑だったのです。

小悪魔の橋と名付けられるほど 「急斜面」に位置する葡萄畑ですが、日当たりは最高。樹齢も60年以上と最高の環境でヌーヴォー造りを始めます。

ボジョレーのクリュでは南に位置するブルイィに位置し、今の当主マルセルは4代目。
SO2もほとんど使わず、無農薬栽培で自然な味わいに拘り続けている造り主です。
その畑を借りて、新井順子さんが自らヌーヴォーに挑戦しました。

そのできは・・素晴らしいに決まってますよね。

今年で11年目・・ですが、当店では初入荷。是非 他のガメイ・シャルドネのヌーヴォーと併せてお試しください。

非常にナチュラルながらスイスイの飲めるヌーヴォーながら、樹齢60年以上のブドウの深みがあります。

畑所在地:quancie en beaujolais 畑の所有者:マルセル・ジョベール
畑の広さ:1ha 畑の向き:南西 栽培方法:ビオロジック(認証無)
品種:ガメイ100% 土壌:砂利石灰 樹齢:40〜50 年
収穫:手摘み 収量:25hl/ha 酵母:自生酵母
醸造:カルボニック法で発酵、木の解放桶で熟成、SO2 無添加