丹波・黒豆の枝豆が幻と言われる由縁は・・・・・・・

 丹波黒枝豆の収穫時期は、
10月の中旬から、たった約2週間と短い上に、一農家が
 
丹波黒枝豆を収穫できるのは、平均1日に3kg函で10ケ-スが限度といわれ、丹波黒枝豆の
 農家での荷造り箱詰め作業にも
 非常に手間がかかります

 しかも 丹波黒枝豆は収穫して
時間が経つと、著しく風味が落ちてしまうデリケートな生鮮野菜です。
 ですから丹波黒枝豆といっても、本当の美味しさをもつ本場丹波篠山の高品質の物は、市場に
 出回ることがあまりなく、滅多にお目にかかることはありません。

 (また類似品についても注意が必要です→
こちら

 もちろん丹波黒枝豆は希少性だけで幻とは言いません!
 この旬の時期の
丹波黒枝豆を食べると、美味しさにビックリします!
 粒の大きさ、風味、甘さ 、こく。どれをとっても王者の風格を持つすばらしい枝豆です。
 普通の枝豆とは名前を同じくして、全く異なる食べ物といっても過言でありません。
 
丹波黒枝豆は味も幻なのです。

 本物・新鮮な
丹波黒枝豆を手に入れるのは難しいものですが、当店にお任せ下さい。
 当店では、毎年9月中頃マデにご予約を承り、
 10月初旬から朝採れたての丹波黒枝豆を即発送いたします。


 原産地証明が出来る、丹波篠山農協から 丹波黒の枝豆の最高品質のものを、
 新鮮そのものでお届けいたします
 
(丹波黒枝豆を朝採れたてのものを新鮮な状態でお届けするため、現地丹波篠山から
  直接皆様にお届けするため代引きありません)

 
類似品に注意!黒枝豆といっても2種類ある??《早生》と《本黒》

 人気漫画「美味しんぼ」の「ビールと枝豆」で丹波黒枝豆が「最高の枝豆」として画かれ
 そのおいしさがよく知られるようになったのですが、有名になるに比例して類似の
 丹波黒の枝豆が多く販売されるようになりました。
 「丹波黒と思って買ったのに・・・・」との声も聞かれます。
 事実、丹波黒枝豆として販売されている中で、
本場丹波産10%未満しかない
 のです。

 さらに10月以前に時々見かける丹波黒枝豆と販売されているものは 「早稲」と呼ばれる
 ものであり 「旬」である10月に収穫される丹波黒枝豆
「本黒」とは違う商品です。

  一般の方から見れば、《早生》と《本黒》と聞いても、実のなる時季が違うことくらいしか
 違いがないように錯覚されるのですが、実は似て非なるものとして扱うべき 
 まったく別のものなのです。

 もちろん
当店で取り扱うのは、<本黒>と呼ばれる丹波黒の枝豆の中でも
 本場・丹波篠山農協
厳選した、朝採りの丹波黒枝豆を即!お送りします


 ・本場・(丹波産の)丹波黒枝豆にこだわる訳・・・・・

 それは、
昼夜の温度差が大きく、肥沃で保水力に富んだ気候風土で、 丹精込めて
 育てられる丹波黒大豆は、大粒揃いで、風味がよく、 他産地がおよびつかない
 ほんものだけが持つ王者の風格があるからです


 その丹波黒大豆が黒豆になる前の若い枝豆が丹波黒枝豆《若さや》です。
 一般的に出回っている枝豆とは一味違い、丹波篠山の秋の名産 の一つとして
 貴重な味となっております。
  
 丹波黒枝豆は独特のこくと風味があり、白大豆の枝豆とは全く違います。
 
 ほんものの《
丹波黒の枝豆》を「旬」の時季に、新鮮な内に手に入れるのは、
 なかなか難しいものですが、当店にイマスグご予約下されば楽に手に入ります。
  
 尚、《
丹波黒の枝豆》は、その品種特性のためサヤ表面に産毛が伸び、サヤが
 黒ずんだり、茶褐色の斑点がついている場合がありますが品質には何ら問題が
 ないことを、つけ加えさせて戴きます。

丹波黒枝豆(若さや)3kg(1kg3束)

商品説明

本場・丹波篠山農協から丹波黒の枝豆
朝採り直送!

生産者の名前が入った本物・最高品
です 

 丹波黒枝豆(若さや)は鮮度を保つ為、
           枝付きでお送りしています。
  豆の重さは1束の内7割弱ぐらいでしょうか。

   https://jizakewine.com/food3.htm