肥土伊知郎(あくといちろう 氏)が代表をつとめるベンチャーウイスキー社のブランドです イチローズモルトとは?(オフィシャルページから抜粋) 肥土伊知郎(あくと・いちろう)氏の自らの名前を冠したこのウイスキーは 肥土氏が以前経営していた羽生の東亜酒造の倒産後、廃棄される予定だったウイスキーを自ら買取り、福島・笹の川酒造に預かってもらいながら、在少しずつ製品化をしているウイスキーである。 肥土伊知郎が以前経営していた東亜酒造が2004年に関西の酒造メーカーに売却 され、傘下に入りました。売却先はウイスキーに関心がなかったため、再建の途中で、一時は廃棄される運命だった熟成中の約4000樽のウイスキーの原酒ですが、「我が子を捨てるような事は出来ない」として、肥土伊知郎氏が一人で独立して、販売を続ける事を決断しました。 酒造免許もなく、原酒は製造免許を持つ福島県郡山市の「笹の川酒造」にお願いして、一時引きとってもらう。ようやく資金を集めて2004年9月にベンチャーウイスキー社を立ち上げました。
ボトリングされた懇親のウイスキーは、イチローズモルトとして、日本をはじめ、世界でも話題となっています。 イチローズモルトオフィシャルサイトモルトドリーム
2 件 (1 ~ 2 件目)
ショッピングカート
お店からのお知らせ

☆ショップオープンしました☆

迅速丁寧をモットーに、積極的に活動中です!! 感謝の気持ちを込めて、丁寧に対応いたします。♪

カテゴリーから探す