ボウモアはアイラ島のちょうど中心、ボウモア町の小さな港のそばに建つ。まるで海に浮かぶ要塞で風の強い日にはまともに波しぶきが当たり、蒸留所に足を踏み入れると、ぷーんと潮の香りが漂ってくる。ボウモアとはゲール語で「大きな岩礁」の意味。 操業は1779年でアイラ島でもっとも古い蒸留所だ。ポットスチルはストレート・ヘッド型。 なんと言っても現在では珍しいフロアモルティングを行い、かたくなに伝統的な製法を守り続けている蒸留所だ。 味は、アイラ島の中心ということも影響して、アイラ島の海藻味、潮味の特徴と北の軽めとの中間くらいの絶妙のバランス。華やかな香りの中に、潮味が見え隠れする。鑑定家によってラベンダー、ヘザー、ハニーと様々な香りが指摘されており、それがスモーキーな潮味、ピート味とマッチして非常に魅惑的なモルトとなっている。アイラモルトの入門としても最適。
16 件 (1 ~ 16 件目)
ショッピングカート
お店からのお知らせ

☆ショップオープンしました☆

迅速丁寧をモットーに、積極的に活動中です!! 感謝の気持ちを込めて、丁寧に対応いたします。♪

カテゴリーから探す