ネイソンの歴史はエイドリアン ネイソンと弟ジーンが1931年にカルベという村に土地を購入したことから始まります。1958年に新しく導入した蒸留塔により品質が飛躍的に上昇、現在はジーンの孫にあたるグレゴリーによって経営されています。カルベはサトウキビの生育に理想的な土地であり、ネイソン蒸留所は全て自社畑によるサトウキビを原料としています。また収穫量の1/3は手作業により収穫されており、すぐに積送されてフレッシュな状態で破砕され、高品質のラムが生産されています。
4 件 (1 ~ 4 件目)
ショッピングカート
お店からのお知らせ

☆ショップオープンしました☆

迅速丁寧をモットーに、積極的に活動中です!! 感謝の気持ちを込めて、丁寧に対応いたします。♪

カテゴリーから探す